Search

立禅

気功は立禅の瞑想です。

気功を深く修すると、自分の周囲の気配を感じるようになります。

空間に溶け込むように瞑想していきます。
リラックスしながら体を動かし
瞬間的に爆発する発勁(はっけいの気は、内面に気を貯め、一気に体の外に放出します。

身体全身の血流が良くなり、健康になっていきます。

病になるとき、気功の感覚では邪気が最初に体に入ってきます。
気功を修すると邪気が入ってくるのが解ります。

そこで、正気を体に取り込ん
邪気を体の外に放出します。

気功の達人は病気になりにくい体質です。

気功に重要なことは深い瞑想の境地です。
気功は立禅の瞑想と言われます。

気功の世界は立禅の瞑想です

気功の世界は、意識において立禅の瞑想を大切にします。

気の流れを瞑想するところから気を感じるようになります。

劉老師の気功は、師の周りの空間波動に変化が感じられます。

それは、中国の気功師に共通する現象です。

空間をイメージするようになると、人の周りの波動を感じられるようになります。

そして、空間の気を移動するイメージによって、実際、空間の気に変化がもたらされるようになります。

気を移動、運べるようになると、その人に運気に変化が現れます。

なぜなら、運気とは気を運ぶという意味だからです。

このように立禅の気功は、気を動かすことができる念力が備わるようになります。

そのパワーの源が発勁(はっけい)と言われる気功の土台です。

日本に在中の多くの中国人武術家、気功師も認める劉老師の気功、発勁に触れられてみてはいかがでしょうか。

凛とした雰囲気と謙虚な師には、日本の古武術に通じる雰囲気、波動を感じることができます。

気功による瞑想と集中力で開運!

気功による瞑想と集中力で開運に導かれます。

天の気をイメージすることから出発し、それを体感する境地まで進むようになると、運気の稼動が始まります。

そのために、姿勢が重要です。

背骨、膝、腰、首

この微妙な姿勢は直接、劉老師から学ばないと把握できない要素があります。

真に微妙な感覚です。

気功は立禅の瞑想です

気功は立禅の瞑想です。

姿勢を正し、腰に負担をかけない背筋の伸ばし方が重要ポイントです。

身体の関節を緩めます。

意識をへそ下丹田に集中し、気を集める集中力を身につけます。

身体が熱くなってくるのを感じます。

足腰が強くなり、インナーマッスルを鍛えます。

瞑想による精神集中力身体のバランスを取る。

これは、気功の真髄です。

Bookmarks